エネルギーを感じられるヒーリングを習おう

<<レイキヒーリングとエネルギーヒーリングの違い のつづきです。>>

感じない?

時には、他所でレイキを受けても感じなかった、ということを聞くことがあります。
受け手が感じなくても(ものすごく敏感ではなくても)エネルギーは通っていることが多いです。
だから信頼のおける施術者であれば、受けるぶんには問題はないと思います。
ですが、施術者まで何も感じていなければ、それは問題になると思うのです。
私自身の経験上、ヒーリングでは何かしら変化が起きています。
その全ては分からなくてもいいのですが、良くなっているのか、浄化が起きているのか、まだ痛みが残っているのか、何が起きているのかをちょっとは教えてもらったほうが受け手として安心しますね。
また、愛情や感情の情の問題です。情を相手に送る、入れると、腕などが痣のようになったり、めまいがして気持ち悪くなったり、嘔吐することもあります。特に敏感な人は顕著に現れます。
ヒーリングは、施術者の生体エネルギーを入れるわけではありません。
施術者のエネルギーを受け手に入れると、気持ち悪くなることをよく分かっているので、【念】と呼び、受け手には入れないように気を使っています。

見よう見まねでもヒーリングはできるけど。。。

見よう見まねでもヒーリングはできますが、高い波動を使えているかどうかは別です。
高い波動と繋がり、体を通る時に、その人の世界観がフィルターとなり、使えるエネルギーが決まります。
その時に高い波動の感覚があります。
私は、エネルギーヒーリングを始めに習い、何年か経ってからレイキを習いました。
その理由は、エネルギーヒーリングで自分が繋がることができる一番高い波動と、レイキの波動にどんな違いがあるか興味が湧いたからです。
ヒーリングで一番重要なものは、繋がる先の波動です。
できるだけ高い波動に繋がるためには、施術者の世界観を広げることが一番です。
どんなヒーリングも使える波動が高い波動であればあるほど、受け手の波動の変化、活性や浄化の変化が大きく、また深くなります。
レイキ・ヒーリング、エネルギー・ヒーリングのどちらも痛みや違和感なども取れていきますし、至高体験にもなります。
アチューメントでも同じです。
ヒーリングできる回路を開くアチューメントでは、アチューメントをする人の繋がる先の波動が高ければ高いほど、受け手の使える波動も高くなるためです。
最終的には、繋がる先の波動の違いの差になります。
ある程度は感じられても、はじめから物凄くエネルギーが感じられる、分かる、見えるということにはなりませんが、だんだんと分かるようになっていくので気長に、今できることを楽しんでくださいね。
『ほわん』では感覚を重視していますので、施術前後の変化を感じられたり、エネルギーの違いが分かるヒーラーになって頂きたいと思っています。