ヒーリングが本物であるかどうかの判断基準

ポジティブ波動

毎日楽しいことは理想ですが、「いつも楽しくないんだ」と、ネガティブに落ち込むこともあるかもしれません。
そんな時でも、自分が本当にしたいことだけでも、ポジティブな気分や感覚が溢れるようになると、楽しくなりそうだと思いませんか?

エネルギーについて、よく分からない人のために、【ポジティブ波動の開花】というタイトルで、ポジティブな波動が溢れてくることを短めなもので4回に分けてお伝えしたいと思います。

<<ポジティブ波動の開花>>というテーマでお伝えしている第二回です。
第一回<<波動って、実際に感じていることがよくある>>の続きです。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ただ、そうは言っても、エネルギーやヒーリングと聞いて、世の中には悪徳商法や詐欺などもあるので、不安に思うかもしれませんね。

まず、ヒーリングは、エネルギーの変化によって、施術前後で感覚や体、心の変化があります。
変化があるということは、実力があるということです。
これは、施術をお受けになるお客さまにとって、本物であるかどうかの判断基準になります。

変化といっても、めまいや吐き気など念による不調のことではありません。
一時的な浄化はあっても、その後に波動が高まることや気分が高揚するなど、楽しいこと、好ましいもののことです。

また、お客さま自身の感覚が開くことで、よりエネルギーを感じられるようになります。
いろいろな場面で、ひらめきとして分かるようにもなるので、アイデアがたくさん溢れてきたり、それまで分からなかった点と点の繋がりが、線になったり、面になるようなことはよくあります。(感覚の変化については、第四回でお伝えしようと思います)

あなたの周りの方で、波動がありありと分かるという人は少ないかもしれません。
周りが懐疑的であれば、あなたが、わずかに感じられる感覚を持っていても、否定されて、その芽が摘まれてしまうこともあるでしょう。波動を感じる初歩の初歩、【ただ感じる】【感じることを表現する】ことでさえ、否定されたり、ないものとされ、そちらに流されれば、感覚に蓋をして感じられなくしてしまうのです。

もし、そんな蓋があるならば取り払って、感覚を使っていく勇気をもっていただきたいと思います。
単に勘が冴えるというレベルではなく、いろいろなことが分かってくるようになるからです。

体に溜まったネガティブなエネルギーは、凝縮圧縮を繰り返すことで、肉体が変性し不調や病気になります。感覚が鋭敏であれば、もの凄くおかしくなってからではなく、少しおかしいかな。。。という状態で気が付けるようになります。

そのようなことが分かってくると、新たな気付きが起こります。。。

続きは、<<感覚を感じられるだけでは。。。>>につづきます。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

<<ポジティブ波動の開花>>
<<第一回:波動って、実際に感じていることがよくある>>
<<第二回:ヒーリングが本物であるかどうかの判断基準>>