プロフィール:寺岡信行

2017年10月5日

寺岡信行(てらおか のぶゆき)通称:のぶちゃん

◇住まい:広島県三原市小坂町
◇仕事:セラピスト
楽しさを広げるヒーラー
レイキヒーラー
レイキティーチャー
◇家族:2010年から現在のサロン兼住居で、妻と息子の3人暮らし。
隣の母屋:父と母
◇好きなこと:
アイデアが溢れるクリエイティブなこと。
楽しいこと、面白いこと。人の喜ぶ顔。
◇好きな食べ物:
牛丼、焼き肉、たこ焼き、お好み焼き
◇嫌いな食べ物:
ミョウガ
◇職業:
2006年11月から母屋の一室で『ほわん』を開業。
2010年から現在のサロン兼住居に移転。
◇生年月日:1980年6月3日
◇ニックネーム:のぶちゃん
てらさん
ゴブリン
プルプル(っていう6月3日の色)

ヒーリングを知る10年ほど前

14歳の少年だった私は、気を感じられるようになりました。

私自身が、親や親戚に気の感覚を今の私のように教えてくれる人はいませんでしたので、本の情報から気功の独学をはじめました。

半信半疑だった気の感覚を感じられるようになりました。私なりに、気で遊べるようになります。

少し腎臓が悪くて病院へ通っていたり、肩から首にかけて痺れて痛かったこともあって、自分の体への不安を感じていました。

自分でもなんとかできないかと、情報番組や本など色々探していました。
ある日、たまたま本屋さんの前を歩いていて
「あ、本屋さんに入ってみよう。何かあるかもしれない。。。」
と、立ち寄り、なんとなく向かった一角で、気功の本を手に取りました。

その本には、気功の源流の話や気の感じ方が書かれてることが分かったので、すぐにその本を買って帰りました。

さっそく本に書いてある通りにやってみると、
「なんとなく、この感覚かな。。。?」
という、軽く磁石が反発した感覚のような、風船の弾力を確かめる時のような、少し圧力のある感覚を手のひらに感じていました。

「気なんて、特別な人だけが感じられるものでしょ?」
なんて、誰かの心の声が聞こえてきそうですが、私自身も半分は疑っていたんですよ。

半分というのは、私は、可能性を信じることが好きなので、このような能力も自分にもあるんじゃないかと根拠のない自信を思っていたんですね(^^)

もう半分の思いは、「その能力が本当に現実にあるのか疑わしい」、という思いでした。
それまで感じたことがなかったし、私の周りで、その感覚の使い方を教えてくれる人はいませんでした。
知識も認識も経験もない状態では、感覚として感じていたとしても、それが【気】だと気づきようもないですね。

だから、それを感じるために、感覚を使うのですね。

その頃、いかにも怪しいと思うような気功家がテレビに出て、「ハァー」とやっていたので胡散臭く思っていた背景もあります。(私は、気功もやりましたが、人前で「ハァー」とやるのは、恥ずかしいのでやっていません。人知れずしているほうが性に合っていると思っています)

「ずっと怪しんでいても感じられるわけないじゃん。。。」

そんな思いもあったので、本に書かれている通りにやって、感じられるのだから、この感覚で間違いないだろうと思ったのです。

次の日、朝起きると、その感覚が夢ではなかったのかと思いながら、感じてみると、同じように感じられます。
「よかった。夢じゃなかった!」と一安心でした。

ですが、その次の日の朝になると、また不安になって、「夢じゃないよね…」となるので、また確認作業です。

私は、疑り深かったようで、1週間ほど疑っては確認することを繰り返していましたが、間違いなく感じていると確信したんですね。

だから、怪しいと思ったり、疑うことがなければ、純粋に、自分の感じていることが認められます。
今まで怪しいと勝手に思い込んできたことが、アホらしく思えましたし、この延長の訓練次第で本物かどうかも分かるようになるわけです。
固定観念がガチャリと崩れた瞬間です。

文字通り、【気の感覚が分かるかどうか】だけですね。

この感覚が分かる以前、感じられないのに、怪しいとか疑っていた時期は、私にとって残念に感じます。

疑うのは、自分の可能性を狭くしたり、否定することにもなりますし、アヤシイと勝手な思い込みで、レッテルを張ることは卒業することにしました。

感じたいと思うなら、感じればいいだけだからです。
あなたの可能性は無限に広がることを私は信じていますし、あなたも可能性を信じてみてください。
日常の喜びを感じることも、多幸感になることも、すべては感じることだからです。

ここまでの、【分からない状態】から、【分かる状態】にすることが、一番難しく思えるところかもしれません。

私にとっては、
「本に書いてあることなんだから、できないはずがない」
と思ってやっていたのですが、本によっては出来ないことを、さも出来るように書いてあるものもあるんですね。
私は現実主義なところがあるので、人間にできることであれば、ファンタジーでは済まさない=想像だけでは済まさないということがよくあります。

今考えると、ここから先の感覚は、どんどん深まっていく基本がすでにあるので、場数を増やしながら、どうやったらどうなるという実験をしてきました。
目の前にあるコップや机、いす、壁など、部屋で目につくものを片っ端から、感じられるか試していくなど、そういうことをしていました。

「なにもかも、気が出てるじゃん!」
その結果、部屋の全てのものから気は放射していることを体験しました。

大事なことは知識ではなく、実際に感じられること。
気功でもヒーリングでも同じですね。

その精度をアップしながら、家の中だけでなく、植物、樹木、人や動物など、周りにあるもの一つ一つの感覚の違いや広がりを調べていきました。
この世界はエネルギーで溢れていることを、自分の手の感覚で確信したことが、私の土台になっています。

色々な発見があるのでやってみてください♪

その続きとして、私なりに、気で遊べるようになります。

雲を消したり、雨を降らせたり、雷で遊んだり

雨の降る前って、頭に圧力がかかるような、頭痛のような感覚がありますよね?
当時は、その感覚を利用していました。

雨をやませたり、降らせたりというのは、雲の状態によります。

自転車通学の頃、出かける前に土砂降りで、止ませようとしていたんですが、行く途中までは止んでいましたが、学校に着く前に、また土砂降りになって、かなり濡れて参ったなぁという経験があります^^

車でドライブしていた時、この場所は、過去にいた場所だと気づくこともあります。

ドライブしていて、各場所の感覚と風景をなんとなく覚えておくと、ある程度は感覚で、ルート案内のようなことができます。
何かを忘れたときに、感覚を覚えておくと思い出しやすくなります。
メモするほうが確実なのは確かですが^^

得られた情報が、偽の情報と本物を見極める目を持つこともカギですね。

本の中に、様々な内容があるように、ネット情報も膨大にあるので、鵜呑みにできないこともあります。
様々な情報の中から、本物を見極める訓練をしても、おもしろいと思います。

ヒーリングとの出会い

私自身よりも繊細な感覚の先生方を見て本物を知りました。上には上がいるという嬉しさでいっぱいになりました。

だから、私が特別というわけではなく、世界にはレイキヒーリングの実践者が500万とも700万ともいわれているように、同じようなことができる人はゴマンといらっしゃいます。

ヒーリングを受けてから、楽しさが溢れてくる至高体験を何度も体験してきました。

ハートの深くから湧き出る楽しさ、この体に生まれた喜び、感謝など、毎回同じではないですが、感覚を感じる範囲が広がっていきました。

2006年に開業

不調のためだけでなく、エネルギーを高めていくことを探求。

至高体験になっているときの感覚でも遊べるようになり、至高体験になるコツをつかみ始めます。

イベントで、10~20分のヒーリングで至高体験になる人や、便秘でお悩みのお客さまと数分話したらトイレへ駆け込んで行かれたといった面白い体験もありました。

私が繋がることができる最高の波動が、とてもワクワクする波動。

最高といっても、人によって意識の持ち方、イメージや認識の仕方で、全く違う波動に繋がることになります。

ものすごく楽しい感覚を引っ張ってきて、実際に至高体験するように何度もしてきました。

目の前のことを楽しみ続けることで発動するから面白いのです。

『ほわん』のヒーリングの特徴

『ほわん』のヒーリングの特徴は、高い波動と繋がって、ハートなどから溢れてくる楽しい感覚があります。

単に温かい、心地いいという感覚ではありません。

ハートが硬いなどの問題で、この感覚を知らないことのほうが多いのかもしれませんが、感覚が開いていくと感じられることなので、是非、味わえるようになっていただきたいと思っています。

エネルギー・ヒーリングとは別に、独自の方法で、軽く押さえる程度の力で背骨のゆがみを整えられます。

歪みが原因であれば物理的に改善できるので、内部組織にダメージを与えず、ギックリ腰、関節痛や神経痛などに使えます。エネルギー・ヒーリングを組み合わせることによって、より自然治癒力を高め、痛みなどのネガティブな感覚も改善することができます。

根本的に、不調や病気をたびたび繰り返しているなら、その痛みや状況を楽しんでいるといえますが、今の体に生まれた本来の楽しみ方をしているとはいえないのです。

本来の楽しみ方は、楽しむためにあなたの肉体に生まれてきたので、楽しみたいことを楽しむことなのです。

私は、不調や病気など、ネガティブな状況をなるべく選択しない生き方をしたい人、人生そのものを最高に楽しむ人のためのヒーラーとして活動しています。

2006年11月、母屋の一室で、リラクゼーション&ヒーリングサロン『ほわん』を開業。
2010年10月、現在のサロン兼住居で、新たにスタート。

ブログ運営の目的

私自身が、ある程度は敏感で、人が嫌なわけではないけど、人混みで疲れたり、周りの人から受けるネガティブな感覚が簡単に取れなくて悩んできたので、同じように感覚に悩むのではなく、楽しめる体質にバージョンアップできることを伝えたい。

ネガティブな感覚は改善できることや、エネルギー独特の感覚の心地よさを味わっていただきたい。

楽しみ続けて、光に包まれたり、ハートから喜びの感覚などが溢れてくる体験をする、至高体験や至福体験を体験してもらいたい。

敏感なあなただからこそ、楽しめることがある。だから応援したい、そんな思いでブログを書いています。



そんな『ほわん』をご利用いただいたお客さまの声がこちらです。↓

<<『ほわん』をご利用いただいた、お客さまの声をどうぞ>>

2017年10月5日

Posted by てらおか@三原市のヒーリングサロン『ほわん』