これまでに溜まったストレスを解放しよう

ネガティブ意識・ネガティブな感情を癒していく

こんにちは、『ほわん』の寺岡です。
 
今回は、ストレスについてです。
 
仕事、家庭、人間関係など、さまざまな理由は考えられますが、問題自体を解消するには時間がかかります。
それを待っている間もストレスを感じ続けるために、体のほうが壊れてしまいます。
 
まずは、溜まったストレスをなんとかしましょう。
 
 
ストレス対策には、そもそもストレスとは何だ?ということが分からなければいけませんね。
 
『ほわん』では、ストレスはネガティブなエネルギーだと捉えます。
エネルギーなので、どんなエネルギーか、どんな感覚か、捉えることができるということです。
 
ストレスは、ネガティブな感情のエネルギーです。
よくいわれているように、胃に溜まります。
 
ヒーリングするときにも、胃がキリキリする、チクチクする、重痛い、胸やけ感など、そんな風に感じています。
 
 

ストレスが溜まるとどうなるか

よく言われることは、胃が痛むとか胃潰瘍などの不調や病気になるということでしょう。
 
それより前に、 「胃の違和感」 「軽い胃の胸焼け感」などがあります。
はじめは小さな感覚として、体が悲鳴をあげているんですね。
 
病気になるということは、相当の間、悲鳴を無視して放っておいたか、急激なストレスを感じたことが考えられます。

ストレスを解放するには

溜まったネガティブを、体から出してしまうことですね。
特に決まったものはありませんが、体を動かしてみてください。
 

例えば、外を走ること。

軽いジョギング感覚で、3~5分くらい外を走ります。
その時、何も考えないことです。
身体の振動を感じていくと、ネガティブが外へ発散されていきます。
走り終わってから、身体のジワジワした感覚を楽しみます。
 

嗚咽や嘔吐をしているなら

我慢せずに、ネガティブも一緒にだしてしまうイメージをするとスムーズに出ていきます。
ネガティブなエネルギーが出て行くので、ポジティブなエネルギーが入ってきます。 

胃のヒーリング

胃をヒーリングすることです。
ネガティブ除去や浄化されます。
オエオエ言ってもいいので、ネガを吐き出していくと変な感覚やチクチク感が改善され、波動を高めていくと心地よく感じられます。
 

 身体の適切な使い方

エネルギー視点から見た、身体の適切な使い方というものがあるんですね。
その1つが、ストレスなどのネガティブなエネルギーを身体に溜め込まないということです。
 
通常、身体に必要なエネルギーは、食べ物や飲み物から摂り入れ、不必要なエネルギーは、尿や排便と一緒に体外へ排出されたり、四六時中皮膚から出ていっています。
身体に不必要なエネルギーなので、ネガティブなエネルギーというのですね。
だから、ネガティブなエネルギーがなくなることはありません。
 
その使い方として、溜め込んでしまうことがいけないのです。
溜め込んだネガティブなエネルギーを、時間をかけ凝縮圧縮していくと、病気になることが分かっているからです。
体の感覚を使って、紐解いていくと、様々な繋がりが分かってくるのです。

まとめ

今回は、『これまでに溜まったストレスを解放しよう』というテーマで
 
ストレスとは
ストレスが溜まるとどうなるか
ストレスを解放するには
適切な体の使い方
 
についてお伝えしました。
 
あなたの日常にお役立てください。
 
それでは、またノシ