自分の波動を楽しみながら上げよう

あなたにも感じられるエネルギー(気・波動)

こんにちは、『ほわん』の寺岡です。
 
今回は、「自分の波動を上げよう」というテーマで、波動が落ちた時、波動が上がった時、波動の上げ方をお伝えしようと思います。

波動が落ちたとき

波動は、落ちる時には簡単に落ちます。
肉体面では、体の感覚が重いとか、動きがおかしく感じたりします。
意識面では、楽しめなくなっていたり、おもしろさを感じなくなっていたりします。
少し敏感にならなければ、自覚できない感覚もあります。
 
前提として、そもそも楽しくないものは、楽しくないです。
料理に失敗して、美味しくないものができたとしたら、美味しくないものは美味しくないことと同じです。
 
波動が落ちているとしたら、あとは、上げるだけです。 
 

波動が上がるとは

波動が上がるとは、波動が活性することです。
活性するので、肉体面では、体温が上がって体がぽかぽかと温かくなったり、体調が良くなります。
意識面は、ポジティブな意識です。ワクワクしたり、楽しい感覚が湧きだすので、夢中で楽しんでしまいます。物事も波動が上がっているほうがうまく進みやすいです。
 

楽しむスタンス

塞ぎこんでいたとしたら、楽しい波動と波長が合わなかったり、共鳴する気になれないという意識の問題で、結果的に楽しくならないですね。
 
・今、何を選択しているのか
・これから何を選択したいのか
ということがカギになります。
 
「楽しみ続けるぞ」という楽しむスタンスも必要なのです。
 
波動が落ちるまで放っておくのではなく、落ちる前に上げていくほうがいいですね。
あなたの感覚を使って、意識的に波動を上げることをご紹介します。

日常的な波動の上げ方の基本

美味しいものを食べる
美味しいものを飲む
気分のいいことをする
楽しいことをする
嬉しいことをする
 
これらは、とてもシンプルなことです。
楽しむ選択をして、あなたが好きなものを食べ、好きなことをします。
 
その時の体の感覚の変化を確かめるのです。
わずかな変化も見逃さないでくださいね。
 
・なんとなく体が温かくなる。
・なんだか嬉しい
・胸が熱くなる
・美味しいと思ったときに背中が熱くなる
など、何でも良いです。
 
それは、あなたの体の反応なので、あなた以外の人と違っていても全く構わないことです。
はじめは、わずかな変化かもしれませんが、その変化は、あなたの体が喜んでいるメッセージです。
 
あなたが本当に美味しいと感じれば、波動は上がります。
楽しいことも嬉しいこともそうです。
楽しみ続けて、波動をどんどん上げていってください。

まとめ

今回は、「波動を上げる」というテーマで、
・波動が落ちたとき
・波動が上がるとは
・楽しむスタンス
・日常的な波動の上げ方の基本
をお伝えしました。
 
あなたの日常にお役立てください。
 
それでは、またノシ